MENU

ワセリンを使った鼻血の止め方

スポンサーリンク

普段はすぐに止まる鼻血が、なぜだか中々止まってくれない時には焦ってしまうと思います。そんな時にはワセリンを使うと効果的に鼻血を止める事ができます。こちらのページでは、鼻血の止め方として覚えておいて欲しいワセリンについての情報をご紹介します。

 

【鼻血の止め方でおすすめなのは】
ワセリンによる止め方は、とにかく即効性があります。その為、野球などでボールが当たってしまった時などに大量の鼻血が出るような場合に効果的な止め方になります。ボクシングなどでもグローブで顔が切れてしまった場合などに綿棒などで塗布する事によって止血するワセリンは、鼻血にも非常に効果的です。特に鼻から血が大量に出てしまっているような場合には、病院に言って診察してもらう必要があるのですが、病院に行くまでの間に、ポタポタと落ちて来てしまうと思います。病院に行くまでに血が出過ぎてしまって貧血になってしまう可能性もあります。そんな時には、ワセリンを鼻の中にある出血部位に塗る事によって一時的に出血を止めるなどの応急処置を行うようになります。

 

スポンサーリンク

 

【鼻血の止め方で効果的なワセリンの効果とは】
ワセリンを塗布すると、一時的に、傷口の上に薄い幕ができます。その為、ワセリンが出血を抑えてくれますので、血が必要以上に出るのを防いでくれるのです。もちろん骨折などの重大な病気などには、効果がありませんが、単純な鼻血の止め方では、非常に効果的な方法になっております。鼻の中の裂傷によって鼻から血が出ているような場合には、塗布した後に、氷嚢などで冷やす事で血を止める事ができます。

 

ワセリンを使った止め方なら、大抵の鼻血を止める事ができます。しかし、この止め方でも血が止まらないような場合には、他の要因も考えられますので、なるべく早く病院へ行き、しっかりとした検査をしてもらう事が重要になります。鼻から血が出る量は痛みに比例しませんので、痛く無くても血が止まらないような場合には、必ず病院へ行くようにしてください。

スポンサーリンク