MENU

疲れが原因で鼻血が出る場合

スポンサーリンク

疲れている時に限って面倒な鼻血が出てしまって、本当に参っている方はいませんか?もしかしたらその鼻血、疲れている時に限ってではなく、そもそも疲れが原因で出ている可能性があります。こちらのページでは、みんながあまり知らない疲れと鼻血の関係性についての情報をご紹介します。

 

【疲れが原因で鼻血が出るメカニズムとは】
疲れが原因で鼻血がでるのは、血圧に関係している所が大きいと言われています。疲れていると高血圧の状態になってしまい、血管に負担がかかってしまいます。高血圧の状態では、血管の強度や柔軟性が失われてしまいますので、ほんの少しの衝撃で鼻血が出てしまうようになっております。鼻を軽くぶつけたり、強めに鼻をかんだような場合でも、鼻血がでてしまうのは、高血圧が原因の可能性が高くなっているのです。

 

【ストレスが原因かも】
疲れでストレスが溜まってくると、睡眠時間を上手く取れなかったり、食生活なども乱れがちになります。必要な栄養素が足りないと、貧血になってしまい、従来あるべき鉄分が必要な分だけを賄う事ができなくなってしまいます。こういった事が原因でも鼻血が出てしまう事にも繋がりますので注意が必要になります。

スポンサーリンク

 

【恐ろしい病気のサイン】
鼻から頻繁に血がでるような症状は、恐ろしい病気のサインの可能性があります。ストレスや疲労によって高血圧症になったり、動脈硬化などになっている可能性があります。糖尿病や白血病、ガンなどでも鼻から血がでる可能性があります。疲れによって症状が出やすくなっておりますが、あまりに何度も鼻血がでるような場合には、一度、病院での検査をおすすめします。

 

病院での検査は、耳鼻咽喉科専門の病院ではなく、なるべく大きな総合病院で行うをおすすめします。鼻の外傷が原因でしたら問題ないのですが、内科的な部分が原因である可能性もあります。そうした時に大きな病院でしたら転院せずに済ませる事ができますので、最初から大きな病院での検査をおすすめしているのです。

スポンサーリンク