MENU

大人の人が朝から鼻血が出る原因とは

スポンサーリンク

大人になってから鼻血を出す回数は少なくなっていると思いますが、頻繁に鼻血を出す場合には、もしかしたら病気なのかも知れません。特に朝から鼻血が出るような場合には、しっかりと原因を追究しなければ取り返しのつかない事態になってしまうかも知れません。

 

【大人なのに朝から鼻血が出る場合】
大人の方が朝から鼻血が出るような場合には色々な原因が考えられます。意外に多いのが寝ながら鼻をぶつけてしまったり、鼻をいじってしまっているような場合です。鼻血の原因になるキーゼルバッハ部位を覆っている粘膜が弱まっていると、枕に鼻をこすりつけただけでも鼻血が出てしまいますので、大人の方でも朝から血が出てしまっている可能性は十分にあります。

 

【急激な血圧の上昇が原因かも】
大人の方が朝から鼻から血が出てしまうような場合には、血圧が急激に上昇してしまっている可能性があります。大人の方の血圧の急激な上昇は、鼻の奥にある毛細血管を破裂させてしまい、出血させる可能性があります。特に寝坊などして朝から急いで動いたりしてしまうと急激に血圧が上昇します。そのタイミングで強く鼻をかんだり、シャワーを浴びたり、お湯で顔を洗ったりすると鼻から血が出やすくなってしまいます。

スポンサーリンク

 

【重大な病気が原因の可能性も】
これ以外にも病気が原因の可能性も視野に入れる必要があります。例えば大人の方の高血圧や動脈硬化、糖尿病などは、血管をもろくしてしまいますので、朝から鼻血を出す原因にもなりますし、白血病や特発性血小板減少性紫斑病の病気は、朝晩関係なく鼻血が出やすくなる原因にもつながります。鼻をぶつけたり、鼻をかんだり、くしゃみをしたり、鼻をほじったりしていないのに鼻から血がでるような場合には、病気の可能性が高くなっておりますので病院で診察を受けるようにしてください。

 

基本的には大人の方が鼻から血が出る場合には、耳鼻咽喉科での治療が必要になりますが、病気が原因の場合には、内科などでの治療が必要になります。どの科でも大丈夫なように、最初から総合病院での検査を受けるのがベストです。

スポンサーリンク