MENU

ビタミンCが不足すと鼻血が出やすくなります

スポンサーリンク

鼻血が出る原因は様々あります。鼻の中をいじりすぎてしまったり、ぶつけてしまったり、花粉症などで鼻を頻繁にかんでいたりと色々な原因があります。白血病などが原因の可能性もあり、詳しい事はしっかりと検査をしなければわからないとは思いますが、鼻血が出る原因のひとつにビタミンCが不足しているという物があります。こちらでは、なぜビタミンCが不足すると鼻血が出やすくなってしまうのかなどの情報をご紹介します。

 

【ビタミンCが不足するとアドレナリンが作られなくなる】
なぜ、不足すると鼻血が出やすくなるのかと言うと、鼻血はストレスや寝不足などによって自律神経が乱れた場合にも出てしまいます。ストレスなどが溜まってくると、ビタミンCがどんどん消費されていきます。このビタミンCは、ストレスから身体を守るためにアドレナリンを副腎から生成しています。ストレスがかかればかかる程、消費されていき、アドレナリンの消費が出来なくなってしまった時に鼻血が出るようになってしまいます。

スポンサーリンク

 

【ビタミンCが不足すると粘膜が弱くなる】
ビタミンCの役割はアドレナリンを出すだけではありません。ビタミンCは、鼻の中にある毛細血管を守るために重要な粘膜を強くするためにも重要な役割を持っております。その為、不足してしまうと、毛細血管を守る事が出来なくなってしまい、鼻血が出やすくなってしまいます。また、ウィルスや病原菌などから身を守るために必要となるコラーゲンの生成にも必要になります。そういった事から不足してしまうと鼻血が出やすくなってしまうのです。

 

最近鼻血がよく出ると思ったら、もしかしたらビタミンCが足りていないかも知れません。本来でしたら、野菜やフルーツなどの食事から摂取するのが理想出来なのですが、忙しかったり、金銭的に毎回は難しいという方は、サプリメントなどみお販売されております。また、ドリンクなどでも十分に摂取する事が出来ますので、意識して摂取するようにしたり、ストレスを溜めこまないようにする事が重要になります。

スポンサーリンク