MENU

大人が発熱による鼻血の症状を起こす原因とは

スポンサーリンク

小さい頃は、鼻の穴の粘膜が整っておりませんので、どうしても出血の症状が出やすいのですが、大人になって粘膜が正常になっているのに鼻血の症状が出てしまう場合には原因をしっかり確認しておく必要があります。また、鼻から血が出るだけでなく、発熱も伴うような症状の場合には、深刻な病気が原因の可能性がありますので危険です。

 

【メンタルが原因の可能性も】
大人が発熱による鼻血の症状を起こす原因として最も多いのがストレスなどのメンタル的な原因です。生きている上でどうしてもストレスを溜めこんでしまうような方は、発熱したり鼻血が出てしまったりします。ストレスの原因を確認し、解消する事によって発熱や鼻血の症状を改善する事ができます。ウォーキングなどの適度な運動やクオリティの高い睡眠などを意識する事によって、症状が改善していきます。また、偏った食生活であったり、お酒の飲みすぎ、不規則な生活なども発熱や鼻血を引き起こしている可能性がありますので注意してください。

スポンサーリンク

 

【病気が原因の場合】
大人の方が、鼻血や発熱の症状が起こる原因の病気として考えられるのが、糖尿病、血小板減少病、白血病、副鼻腔炎、悪性腫瘍、アレルギー性鼻炎などの病気が症状を引き起こしている可能性が高くなっております。大人の方にとっては、とても身近でかかりやすい病気になっておりますので、注意が必要になります。大人の方は、微量の発熱であったり、鼻血などの場合には軽視しがちですが、三日に一回程度の割合で症状が出る場合には注意が必要になります。

 

大人になっても三日に一回程度の割合で発熱したり、鼻血を出したりする場合には、早急に総合病院へ行き、内科を受診するようにしてください。大人の方が、熱があるのと鼻から血が出るのが出るような場合には、複数の病気が原因である事が考えられます。総合病院を受診すれば、複数の病気にもしっかりと対応する事ができます。鼻血だけでしたら、耳鼻咽喉科を最初に受けるのがセオリーなのですが、発熱が伴うような場合には、様々な検査を受けることができる総合病院がおすすめになります。

スポンサーリンク