MENU

白血病の初期症状と鼻血

スポンサーリンク

白血病はドラマや漫画などに登場しますが、日本でも非常に発症率の低い病気ですので、しっかりと理解している方が少ないままです。しかし、白血病を治療するには、とにかく時間が大切ですので、初期症状を見逃さずに早目に病院へ行く必要があります。そこでこちらでは、鼻血など白血病のわかりやすい初期症状などの情報をご紹介します。

 

【初期症状は鼻血が止まらなくなる】
白血病の初期症状としては、何もしていないのに鼻血が出やすくなったり、鼻血が出たら止まらなくなると言った事があります。この病気に犯されてしまうと血液が正常でないので、血液が凝固する力が弱まってしまいます。その為、普通でしたら直ぐに止まるような鼻血でも中々止まらないといった事があります。初期症状としては、何もしていないのに鼻血がでたり止まらないといった事がきっかけで病院で検査をし、白血病と診断される事があります。

スポンサーリンク

 

【インフルエンザに似ている】
これはあまり知られておりませんが、白血病の初期症状はインフルエンザにとても似ています。免疫力が落ちているため、熱が出たり、咳が出やすくなっており、とてもインフルエンザの初期症状に似ています。医師免許を持って長い医師でもしっかりとした検査をするまでは、インフルエンザなのか白血病なのかその段階ではわからないと言います。もし、あなたが、インフルエンザの少なくなる春先でもインフルエンザのような初期症状がある場合には、早目に病院へ行き、しっかりとした検査を受けるようにしてください。

 

白血病はとにかく初期症状を感じとり、どれだけ早く病院へ行けるかによって決まってきます。鼻血が出やすくなったり、鼻血がとまらないと感じているような場合には、白血病以外の病気の可能性だってあります。鼻血自体の症状は軽いかも知れませんが、しっかりと違和感を感じた段階で検査を受ければ、症状を重くせずに治療する事ができます。違和感を感じたらなるべく早く病院へ行くように心がけてください。

スポンサーリンク