MENU

ストレスが原因で突然の鼻血の症状が現れる!?

スポンサーリンク

突然鼻血が出た、なんて経験があるかと思います。今回は突然の鼻出血の原因と、ストレスからくる症状の原因と対策や対処についてお話させていただきます。

 

【大人の突然の鼻血はどうして危険?】
大人は子どもとは違い、鼻の粘膜が丈夫です。チョコレートなどの甘い食べ物の食べすぎや、季節で乾燥や花粉症になってしまった場合などは粘膜が傷ついて、大人でも鼻血が出る場合がありますが、それ以外のときに前触れもなく出血することはとても危険だと言えます。大人の鼻血は、甘いものが理由などではない場合のほうが可能性として多いので、真剣に原因を探る必要があります。

 

多くの場合、考えられる原因はストレスです。疲れなどが知らず知らずのうちに体に蓄積されていき、それが突然の鼻血という形で表れることがあります。疲れやイライラが溜まるとおのずと寝不足を誘発してしまいますので、さらにストレスを解消することが難しくなってきます。このようにして負の連鎖が生じ、体へのダメージになってしまうのです。鼻血は体から発せられるサインとしては軽く受け取られがちです。時間がたてば血は止まりますが、何度も急に鼻から血が出ることが続くようであれば、自律神経の異常が関係している場合があります。自律神経失調症の様々な症状のうちのひとつに、心労によって鼻の粘膜が弱くなってしまうため、鼻血が止まらなくなるというものがあります。自律神経の乱れの原因となるストレスにより気を付けていくべきでしょう。特に仕事や家庭において忙しくされている方は要注意です。

スポンサーリンク

 

【ストレスへの対策】
先ほども触れました通り、ストレスが原因で突然鼻から血が出た場合、そのほとんどは自律神経が関わっていることが多いので、自律神経を整えることが大切です。簡単な方法として食事の改善が挙げられます。ビタミンB1が含まれている納豆やきな粉、そしてビタミンCが含まれるフルーツをともに朝食で取るようにしましょう。また適度な運動も効果的で、筋トレよりも酸素をたくさん取り入れる呼吸ができるウォーキングがお勧めです。

 

【まとめ】
日頃から体のケアを大切にすることを心がけましょう。小さなサインかもしれませんが、突然の鼻血を軽いものとみるのではなく、真摯に向き合って原因を探り、原因となるストレスに対処しましょう。

 

突然の鼻血の症状とストレスについて紹介しました。日々の生活で突然起こることが思わぬ病気だったりするので、そういった場合は迷わずに病院に行きましょう。そして常にストレスフリーを目指しましょう。

スポンサーリンク