MENU

大人なのに毎日のように鼻血に困らされる人、その原因

スポンサーリンク

子供のほうが鼻血の出る確率は高いのですが大人でも起こる可能性は高いです。今回は、鼻からの出血をしてしまう大人向けに、その原因と毎日出来る対策と対処についてお話させていただきます。

 

【鼻血の原因】
一般的に、子供のころは時々鼻血を経験しますが、それは子供の頃はまだ鼻の粘膜が弱いためです。そもそも、鼻血というのは鼻の粘膜が傷つくことによって、鼻の奥の血管が破れて出血する現象です。大人になるにつれ鼻の粘膜が丈夫になっていくので、それに伴って出血する回数も少なくなっていくのです。

 

しかし、大人であっても毎日のように鼻から血が出てしまう、という方もいます。たまに血が出る程度であれば問題はないのですが、連日のように出てしまうという場合、いくつか原因が考えられます。

スポンサーリンク

 

【大人であっても毎日続く鼻血の原因と対処法】
まず大人なのに毎日、あるいはしょっちゅう鼻血が出るという時に疑われる原因の一つとして、ストレスがあげられます。人はストレスを感じた時、アドレナリンを出してストレスに対処しようとしますが、その動きに関連してビタミンCを大量に消費してしまいます。そしてそのビタミンCには粘膜を丈夫にしてくれる効果があり、普段は鼻の奥の粘膜を含め、様々な所にある粘膜を守ってくれています。しかし、ストレスが原因のアドレナリンの放出によりそのビタミンCが大量に消費されてしまい、粘膜を守るという働きが出来なくなってしまいます。これにより、鼻の粘膜が破れ、出血しやすい状態になるので、ちょっとした刺激でも血が出るようになってしまうのです。

 

大人になっても鼻血に困らされている大人の方は、それが原因になっているかもしれません。まずストレスが原因ではないかを疑ってみましょう。そして、ストレスを減らす事が出血を抑える対処法になるかもしれません。

 

大人になって毎日のように鼻から血が出るというのはつらいものです。仕事もありますし、人目も気になります。けれど、毎日起こるのには原因があるはずです。その原因を見つけ、きっちり対処することで鼻血の出る頻度を少なくしていく事が出来ます。しかし、ここで述べたストレスの他にも原因が隠れている事があります。もし毎日のように鼻からの出血に困らされている方は、一度病院で見てもらうのも一つの手ですよ。

スポンサーリンク