MENU

生理の遅れが鼻血の症状の原因となることがある?

スポンサーリンク

生理の遅れから、突然の鼻血の症状に見舞われた方もいらっしゃると思います。今回は、鼻出血の症状と原因について、そして生理の遅れは関連してくるのか、といった点をお話させていただきます。

 

【生理の時に鼻血がでる理由】
生理の時によく鼻から血が出るという場合は、原因として代償月経の可能性が考えられます。代償月経とは、生理による出血の代わりに、他の部分から起こる出血のことで、自律神経やホルモンバランスの乱れによって起こる症状と考えられています。月経の時というのは、精神的にも肉体的にも不安定な時期で、飲酒や喫煙量が増える人もいます。そういった場合にはビタミンCが不足して末梢毛細血管がもろくなり、出血しやすくなりますから、注意しましょう。

 

【鼻血が出る原因】
大人が鼻血を出す原因はいくつか考えられますが、ストレスや寝不足、疲れなどによって自律神経が乱れることで、鼻の毛細血管が切れやすくなってしまい、頻繁に鼻から血が出ることがあります。そのため、疲労回復のために十分な休養を取ることが大切です。また、飲酒や喫煙も、血圧を上昇させて鼻の毛細血管を切れやすくしてしまいますし、冬場などの空気が乾燥している時期にも、鼻の粘膜が乾燥してしまい、出血の症状が起こる場合もあります。鼻の粘膜はバリア機能を持っていますから、鼻の粘膜が乾燥してしまうとバリア機能が低下してしまいますから、マスクをつけたり加湿器を設置するなど、対策をとることが大切です。

スポンサーリンク

 

【生理の遅れと鼻血との関係】
女性は妊娠中に鼻血が出るという人が少なくありません。これは、鼻の奥にあるキーゼルバッハという毛細血管が集中している部分が切れることで、出血の症状が現れます。妊娠中は、胎児に栄養を送るために血液の量が増えますが、そのため鼻の粘膜にも血液が浸透して少しの刺激でも出血の症状を起こしやすくなります。また、妊娠によってホルモンバランスが変化することで、鼻の粘膜がはれて鼻血が出やすくなります。そのため、妊娠して月経が遅れている時に、鼻血が出るというケースも少なくありません。

 

【まとめ】
月経の周期が遅れるという症状は、妊娠の可能性が考えられます。ただ、それ以外にもストレスや不規則な生活、肥満やダイエットなどが原因となって、排卵がスムーズに行われずに、生理が遅れてしまうという場合も考えられます。どちらにしても、ホルモンバランスが乱れている可能性がありますから、一度婦人科を受診してみた方がよいでしょう。

 

鼻血の症状と原因と、生理の遅れの関連についてお話させていただきましたがいかがでしょうか。生理の遅れに合わせて、一定以上の出血量があるのは病気が原因の可能性があるので、病院に早めにかかりましょう。

スポンサーリンク