MENU

子供の鼻血の原因と夜の注意点

スポンサーリンク

夜中に子供が鼻血を出した場面に出くわしたことがあると思います。今回は夜に子供が鼻出血の症状が出る原因と対策についてお話させていただきます。

 

【子供の鼻血の原因と夜について】
子供の頃でもとりわけ思春期のあいだは、血の気が多いせいで、鼻からよく血が出ると聞いたことはないでしょうか。実際のところ血の気は関係なく、ほとんどは鼻の穴へ少し入ったところ、指を入れると届く辺りの粘膜が傷つくことで出血が起こります。毛細血管が多く集まっているとともに、鼻をかんだときに自然とこすれてしまう部分でもあるのです。幼児の場合、鼻をかむときの適切な強さがわからないがために、血も出やすいと考えられています。また、小さいうちは夜の睡眠中でも無意識のうちに鼻をいじることがあるでしょう。これらが、夜の鼻血の原因と言えます。

スポンサーリンク

 

【子供の鼻血の病気と原因】
子供の鼻血は、ちょっとしたことで起こります。鼻をほじったり、鼻をぶつけたりなどが原因の場合が多いです。しかし、病気によって引き起こされている可能性もあります。たとえば現代病のひとつであるアレルギー性鼻炎や、副鼻腔炎です。副鼻腔炎が進行すると蓄膿症になります。よく知られているこの2つは、どちらも鼻粘膜が炎症してしまう病気です。

 

幼児期の鼻血は頻繁に起こるものですが、母親がきちんと見てあげる必要があります。特に、睡眠中に子供が頻繁に鼻血を出す場合は、一度耳鼻咽喉科で検査をしてもらうのがおすすめです。命に関わるような危険な病気ではないものの、鼻づまりを放置したままにすると、日常生活や身体に悪影響を与えるリスクがあります。鼻に異常があるのであれば、就学前に治しておいたほうが良いでしょう。

 

【まとめ】
子供が睡眠中鼻血を出す場合、夜眠る前に鼻をいじらないよう声をかけてみて下さい。夜の鼻血でなにか異変を感じたら、原因に病気があるかもしれないことを疑いましょう。

 

子供が寝ている間に鼻から血を出す原因について紹介しましたがご理解いただけましたか。夜中に突然鼻出血を起こすケースは考えられますが、珍しいことではないので、あせらず冷静に処置をしましょう。

スポンサーリンク