MENU

チョコレートと子供の鼻血の関係性と原因

スポンサーリンク

チョコレートを食べ過ぎると鼻から血が出る、と言ったお話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。今回はチョコレートを食べ過ぎると鼻血の出やすくなる理由と、子供が鼻出血しやすい原因についてお話させていただきます。

 

【子供のチョコレートによる鼻血の原因】
よく子供の時に両親から、チョコレートを食べすぎると鼻血が出ると注意されましたが、チョコレートに含まれている成分で、鼻から血が出る原因になるようなことはありません。しかし、含まれている成分であるカフェインが、その原因になることもありうると言えます。カフェインとは、一種の興奮剤で、血流を速くする効果があります。血流が早いと、鼻にもともと傷口があった際に、その傷口が開いてしまうこともあります。そのため、チョコを食べると血が出てしまうという事が言われるようになりました。子供などでも食べすぎると必ず血がでるわけではないですが、鼻血がでやすくなるのは確かです。特に子供は何事にも興味津々で、外で遊んだり転んだり、なんでも触る事などが多いので、出やすい環境ではあると言えます。カフェインによって体が興奮すると、血のめぐりもよくなります。細い血管に、一度にたくさんの血が流れようとするため、鼻の中の切れやすい血管が切れて、血が出る場合があります。血が出るかどうかは、個人差があります。

スポンサーリンク

 

【チョコレートと鼻血の事実】
チョコが鼻から血が出る理論はまったくの迷信であることですが、医学的には、チョコが鼻血が関係ないことは明らかになっているためです。鼻の内部は薄い粘膜で覆われているため、刺激には弱く、そのため出血も起こりやすいので、鼻血の原因は外部からの刺激や急激な血圧の上昇によるものと言えます。

 

【まとめ】
チョコレートが鼻血の原因はないと医学的に証明されていますが、原因がないにしても、両親が子供にお菓子を与えすぎないように言ったことから広まったと言えます。実際には影響がないとしても子供のおやつとして与える時には、分量を考える必要があります。適度な量であれば問題ないですが、影響がなくても虫歯などにも影響してくる場合があるので、気を付ける必要があると言えるでしょう。

 

子供の鼻血の原因とチョコレートの摂取についてご紹介しましたがいかがでしょうか。チョコレートの過剰摂取は子供も大人も良くはないので、過剰にとり過ぎないようにしましょう。

スポンサーリンク