MENU

子供の鼻血の原因のストレスについて

スポンサーリンク

お子さんの鼻から突然血が出た、という経験がある方も多いのではないでしょうか。今回は突然の鼻出血の原因と、ストレスからくる症状の原因と対策や対処についてお話させていただきます。

 

【子供の鼻血の原因】
子供は、乾燥によって粘膜が敏感になっていたり、暑さに対応しきれずのぼせてしまうことから血が出ることがあります。しかし、それらとは別に、ストレスが鼻血の原因となることがあります。人間の体は、精神的疲労が溜まると、抗ストレスホルモンが分泌されます。その時に、ビタミンCが大量に使われてしまいます。ビタミンCの不足によって毛細血管がもろくなって、鼻から血が出やすく、止まりにくくなるという、最悪な状況が引き起こされてしまいます。大人は、子供に悩みなどないと勘違いしている方が多いですが、保育園や幼稚園に通う中で、母親と会えない寂しさが精神的疲労に変わってしまうことすらあり、デリケートと言えます。また、慣れない場所や新しい人と出会っても少なからずストレスを感じてしまいます。子供の鼻からの血にも影響することを原因として覚えておく事が大事と言えます。

スポンサーリンク

 

【子供の鼻血の対処法】
子供の鼻から血が出た際の良い対処法として、鼻の中に脱脂綿を入れて外側からおさえる事や、鼻を心臓より高くして、背もたれのあるイスにもたれかかることがよいでしょう。身体がほてっている場合は体温を下げる事が必要です。注意してほしい点としては、鼻をかむことで、粘膜を傷つける恐れがあるため、絶対に行ってはならないことです。また、上向きで寝るのも、血が逆流する恐れがあるために良くない方法です。鼻から血が出た時は、パニックを起こしますが、そんな時は、一旦タオルで鼻を拭いて、落ち着いたら脱脂綿などで止血してあげるとよいでしょう。

 

【まとめ】
子供の鼻血は大きな原因としてストレスが挙げられますが、他にも鼻血の原因を理解する必要があります。デリケートなので、ストレスを感じてしまう事が多く、両親のケアが必要になります。他にも怪我をさせない事や体温をしっかり調整する事などで、鼻血を防ぐ事が出来るので、意識しておく事が大切です。

 

子供の鼻血に原因とストレスとの関係性を紹介しました。ストレスは私生活の様々な要因で溜まるものです。なので、常にストレスフリーになれる、溜めない努力をしましょう。

スポンサーリンク