MENU

鼻づまりの際の耳抜きの方法

スポンサーリンク

鼻が詰まったときには耳が聞こえにくいというような症状が発生することがあります。
鼻や耳や口はつながっているので、同時に不快な症状が発生すると言うことは珍しいことではありません。
しかしこのような不快な症状が続くと困ってしまうので、しっかりと対処をする必要があります。
鼻づまりが発生したときには、耳が聞こえづらくなったり耳がぼわっとした感じになることがあります。
このような耳の違和感を解消する方法として耳抜きがあります。
これはどのような仕組みになっているのかというと、耳の鼓膜の内側と外側で異なっている圧力の差を元に戻すと言うようになっています。
そこで代表的な方法としては鼻と口を塞いで、耳から空気を出すというものになります。

スポンサーリンク

飛行機などに乗ったときに行うという人が多くなっていますが、すぐに解消することができるというメリットがあります。
しかし注意しなければいけないのは、あまり力を入れてしまうと目が飛び出そうになることもあるので、ゆっくりと優しく行うようにします。
またそのほかにはあくびをするというようなものもあります。
唾液を飲むというようなことを実践している人もいます。
これらのやり方でも解消することができます。
基本的に安全なものとなっていますが、耳に何らかの病気があるというような人は、危険を伴うので辞めておきます。
とくに風邪で鼻が詰まっているというような状態の時には注意が必要です。
痛みが発生している場合や違和感があるときには必ず病院を受診するようにします。

スポンサーリンク