MENU

鼻うがいの回数や頻度について

スポンサーリンク

鼻がむずむずしたり何科調子が悪いと感じることがあります。
とくに花粉がたくさん飛び散る時期などは、このような症状に悩まされる人が多くなっています。
何とか鼻水や鼻づまりを改善するために、薬などを使って対処をしているという人も少なくありません。
その中で効果的な方法として鼻うがいがあります。
しかしただ単に鼻うがいをするのではなく、正しい方法やタイミング、このほかには適正な頻度をしっかりと身につけておく必要があります。
正しい方法で実践をすると症状が改善してきます。
正しい方法に関しては次のようになっています。
適したタイミングがあるのかどうかというと、それは朝起きたときと外から帰ってきたときに行うのが有効とされています。

スポンサーリンク

回数は1日に1回から3回行うというのが一番効果が現れています。
朝になぜ行うのがいいのかというと、それは寝ている間に鼻の間にたまった鼻水を洗い流すことができるからです。
こうすることで鼻の通りが良くなりすっきりとします。
また外から帰ってきたときの効果は、外で吸い込んできた花粉やほこりなどをしっかりと洗い流すことができます。
このように朝と帰宅時に行うのは効果があるのです。
鼻の中をきれいにして鼻通りを良くしようとあまり神経質になってもよくありません。
あまりにも洗い流してしまうと、鼻の粘膜の表面の粘液も洗い流してしまうので、その結果刺激に敏感になってしまいます。
したがって回数としては1日1回から2回が理想的となっています。

スポンサーリンク