MENU

鼻うがいが口から出ないときには

スポンサーリンク

鼻うがいをすることで鼻の通りをよくし、不快感を取り除くという方法が行われていますが、中には上手にできないという人も少なくありません。
基本的にはうがいをしたあとに口から出すという方法になっていますが、口から出ないという人もいます。
このような人は鼻の中に洗浄液を入れるのを怖がって、しっかりと奥まで液体が届いていないという可能性が高くなります。
液体が出てこないと言うことは、この時点で洗浄液が奥まで届いていないと言うことになります。
初めてこのようなうがいの方法を実践するという人の場合には、怖くて洗浄液を中に入れることができないのは仕方がないことですが、しっかりとした方法で行うことで、痛みが発生することはありません。

スポンサーリンク

実際にどのような方法で行うと上手にできるのかというと、しっかりと鼻で吸い込むことがポイントになります。
勢いよく液体を注入してしまうと、鼻の粘膜に刺激が加わってしまいます。
鼻の粘膜は非常に敏感になっているので、この点には注意が必要になりますが、実践するときには思い切りの良さも必要になります。
しっかりと鼻で吸い込んで、洗浄液が鼻の奥まで行き届けば、鼻と口がつながっていると言うことで自然に口へ流れていきます。
しかしこれを意識しても上手に行うことができないと言う場合には、市販の鼻うがいの商品を利用すると安心です。
最近ではさまざまなものが販売されているので、簡単に使うことができます。
鼻に注入しやすいような補助的な器具が付いているような商品もあります。

スポンサーリンク