MENU

鼻水はいったいどこで作られるの?

スポンサーリンク

鼻水と言うのはどこからきてどこに消えていくのか?
突然ですが、人間はどこから来てどこに向かっているのか?
これは永遠のなぞだと思います。
では鼻水というのは一体、どのようして作られてどこにきえていくのでしょうか?
今回はこの鼻水の行方について説明をしたいと思います。
鼻水と言うのは誰もが、知っているものですが、どこで作られているのかということにかんして、知っている方はそうそう居ないと思います。
まず、鼻水というのは、水のようなものから、粘り気のあるものとさまざまあります。
これは誰もがご存知な事だと思います。

スポンサーリンク

鼻水というのは、鼻腔(びこう)の中の鼻腺と杯細胞といった部分から分泌される粘液のことを指します。
また血液などの浸出液(しんしゅつえき)が混ざったものです。
この浸出液とは毛細血管などからにじみ出た血液の成分の一種のことを指します。
主な活動としては、鼻から吸った空気に湿度を与えたり、細菌やウイルスといったものの侵入を防ぐといった役割があります。
人間は1日に3リットル位の鼻水を作っていると言われています。
しかし、そのうちの八割、九割に関しては無意識に喉に流れ込み知らない間に飲み込んでいるという事があります。
花粉症や、病気に感染した時というのは、鼻水の製造の量が増加します。
そのため、細菌やウイルスや異物を外部に排出するために大量の鼻水が鼻から流れ出るということになります。
このように、鼻水というのは、人間が活動するために邪魔な物を排除して快適な生活を送れるように日々作られております。

スポンサーリンク