MENU

鼻うがいで頭痛解消?でも原因によっては怖いかも?

スポンサーリンク

鼻うがいと言えば鼻をスッキリさせるといった効果があるので、最近では短なものとして扱われています。
この言葉を知らないといったかたが少ないかもしれません。
また鼻うがいを行なったことで頭痛が解消されたというお話も聞くことがあります。
しかし、この頭痛というのは原因によっては深刻なものなのかもしれません?
こんかいはこの頭痛に付いて説明をしていきたいと思います。
鼻水が原因で起こる頭痛というのは、鼻づまりにより、脳にいく酸素の供給が少なくなることでおこることがあります。
この場合には、鼻づまりを解消することで、頭痛も同時に解消することがあるのですが、もうひとつの原因と言うのが問題になってきます。
もう一つ頭痛の原因として考えられるのが、「蓄膿症」または「副鼻腔炎」と呼ばれるものです。
これは鼻の、副鼻腔の部分にウイルスや細菌まじりの鼻水が溜まることで、慢性的に鼻炎や鼻づまりが続いたり、臭いが発生する病気です。

スポンサーリンク

この場合には、鼻うがいを行うことで一時的に鼻の通りが良くなるので頭痛が解消するということがあるのですが、大元の原因である蓄膿症が治っていないため、鼻水や鼻づまり頭痛といった症状は収まりません。
もしも、花粉症の時期が収まっても鼻水や鼻づまりが収まらない、又は風邪などの鼻炎の起こる症状の病気が完治したのに2週間以上も鼻炎の症状が収まらないと言う場合には蓄膿症の可能性があります。
この蓄膿症の状態で鼻うがいを行うと、場合によっては、細菌に冒された鼻水が耳や、目の繋がった部分に回ってしまうことがあります。
そしてその部分で細菌が増殖するということがあります。
もしも、上記のように長い期間鼻炎が続いている場合には蓄膿症の可能性があるので、鼻うがいはしないようにしてください。
またこの蓄膿症を治療するには、抗生物質が有効になりますので、医療機関での検査を受けて治療を行うようにしてください。

スポンサーリンク