MENU

鼻づまりと耳詰まりの関係について

スポンサーリンク

人間の鼻と耳はつながっています。
したがってどちらかに不快感が生じたときには、残っている方も違和感があるというようなことはよくあることです。
鼻づまりが発生したときに耳に悪影響を及ぼすと言うことがありますが、たとえば鼻を吸いすぎると耳が悪くなったり、両方の鼻を一緒にかんではいけないと言うことをしっかりと頭に入れておきます。
耳は時間という部分によって鼻とつながっています。
したがって影響を受けやすくなっています。
なぜ鼻をすすったり両方の鼻を一緒にかんではいけないのかというと、鼻をすすることによって鼻腔の中の鼻水が咽頭に吸い込まれるようになっています。
また同時に時間を通って中耳からも空気が向けるようになっています。

スポンサーリンク

この空気が向けるときの圧力によって、鼓膜がへこんだままの状態になることがあります。
その結果耳詰まりが発生することがあります。
音がこもって聞こえるというようなこともあります。
両方の鼻を一緒にかむことで、耳にたくさんの圧力がかかることになり、同じように耳詰まりが発生してしまいます。
このような症状は飛行機に乗ったときに気圧の変化でも発生するようになっていますが、耳管狭窄症とも呼ばれています。
したがって鼻をかむときには、片方ずつゆっくりとかむことが大切になります。
また風邪などで鼻づまりが長く続いた後に、耳の奥が痛くなったりふさがったような感じがすることもあります。
このような症状が見られるときには中耳炎の可能性があるので、すぐに医師の診察を受けるようにします。

スポンサーリンク