MENU

鼻づまりによる頭痛の原因について

スポンサーリンク

鼻水がひどく出ているときに、同時に頭の痛みを感じることがあります。
鼻をかみすぎた結果痛みが発生していると考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
鼻水と頭の痛みには大きな関係があります。
鼻づまりの原因にはさまざまなものがあります。
しかしその結果頭が痛くなるまでにはどのような仕組みがあるのかというと、副鼻腔炎を発症している可能性が高くなります。
風邪を引いた後に鼻が詰まるというような症状が出ている場合には、ウイルスが原因となっています。
また自律神経などのバランスが崩れることで、鼻の毛細血管が拡張して粘膜が腫れます。
そして鼻の通りが悪くなりこのような症状が発生します。
また鼻の形が関係していることもあります。

スポンサーリンク

頭が痛いときの症状としては風邪が治った後に黄色い鼻水が出たりうつむくだけで響くような痛みや違和感があるというようなものです。
このように鼻づまりからくる頭痛の解消法は次のようになっています。
それは鼻を摩擦するという方法になります。
これはまずしっかりと鼻をかんで両手の人差し指をこすり合わせて温めた状態にします。
そしてこの人差し指を使って鼻の両側をこすっていきます。
このときのポイントは少し力を入れて、目が下のすぐ横の分から小鼻の付け根までを上下にしっかりとこするようにします。
これは鼻の横にあるツボを刺激するということによる効果です。
このほかには耳たぶを回すという方法があります。
こうすることで顔全体のリンパの流れを良くすることができます。

スポンサーリンク