MENU

幼児の就寝中の鼻血は大丈夫?

スポンサーリンク

幼児といえば、ちょっとしたことでも鼻血が出てしまいます。特に、就寝中でも簡単に幼児は鼻血が出てしまいます。就寝中幼児の鼻血が止まらないとなると、やはり心配になってしまうことでしょう。就寝中の幼児によくあるとされる鼻血の原因や就寝中の対処法について考えてみましょう。

 

【幼児の就寝中の鼻血の原因】
幼児の場合、まだ皮膚や粘膜が成長しきっていないことがほとんどであって、ちょっとしたことで傷ついてしまうことが多いのです。鼻の粘膜も同じような感じであって、少し刺激しただけでも毛細血管が傷ついてしまうことが多いわけで、そこから出血することが珍しいことではないとされているのです。

 

【幼児の鼻血の就寝中の対処法について】
就寝中にはなるべく鼻を触らないようにすることが大事です。鼻から血が出た場合には、上体を起こすことが大事であり、仰向けや横向けにしないことを心がけましょう。仰向けにした場合、鼻血が喉を通って逆流してしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

 

【鼻血が止まらないのは病気?】
大体15分くらいで止まることが多いとされています。沢山出ていそうで困るかもしれませんが、もしも白血病というのならば、普段からしんどい、元気がない、疲れやすいといったようにしている場合が多いのです。ですから、普段元気にしている幼児が鼻血を就寝中に出しているとしたら、病気ではなくて、鼻の中を怪我していないかどうかをきちんと確認することが大事です。

 

【病院にはいくべきなのか】
就寝中の幼児の鼻からの血が止まらないとなった場合、病院にいくべきかどうかですが、まずは足を運んでみましょう。もしかしたら重大な症状があるかもしれませんから、一度検査をしてもらった方がいいでしょう。

 

鼻から血が出ることは、大体が問題ないことが多いのですが、どうも頻繁に出るなと思った場合には、しっかりと病院に足を運んだ方が良いでしょう。何より子供の病気ですからしっかりと治してあげることを優先させてあげましょう。

スポンサーリンク