MENU

副鼻腔炎の症状と鼻血の関係

スポンサーリンク

副鼻腔炎と呼ばれる病気があるのですが、その症状はいったいどのようなものなのでしょうか。そして、鼻血との関係はどのようなところにあるのしょう。ちなみに、副鼻腔炎は鼻に関係のある病気として知られているので。

 

【副鼻腔炎について】
副鼻腔炎は、別名で蓄膿症と呼ばれることがあります。実際、副鼻腔炎よりも蓄膿症の方が聞きなれている名前かもしれません。この病気の症状は、鼻の奥にある空洞部分に膿が溜まるような感じになります。

 

【副鼻腔炎の原因は?】
この病気の原因は、風邪、あるいは上気道炎といった病気が発症して、炎症が起こることによって、粘液が沢山作られることが理由だといわれているのです。この病気になると、症状が軽い場合でも腫れてしまうのです。

スポンサーリンク

 

【症状について】
副鼻腔炎の症状は、膿が発生すること、そして粘液が排出されないことなどにあります。ですから、そのまま溜まってしまって鼻水が出たり鼻づまりが出たりすることになります。さらには鼻血が出ることもあるのです。鼻血が出ると驚くかもしれません。鼻血が出る原因は他にもいろいろありますが、この病気を疑っても良いかもしれません。

 

【原因と対処法】
この病気の原因は、粘膜が細菌やウイルスに感染してしまうことが原因となります。また、ハウスダストやアレルギーなどが原因の可能性もあるのです。飛行機に乗る、ダイビングをするなどの行為が原因となる可能性もあるのです。鼻血に関してですが副鼻腔の内側の粘膜が弱っている可能性があるということで、鼻血の症状が出た場合には十分に気をつける必要があるのです。何も対処をせずにいると、いつまでも治らないですから、早めに病院に行くことが大事となります。

 

鼻腔炎のとき、鼻血の症状は出る可能性が高いことをきちんと知っておきましょう。鼻がどうも詰まりすぎると思ったとき、きちんと病院に行って診察を受けて、しかるべき治療を受けるように心がけると良いかと思われます。

スポンサーリンク