MENU

大人になってから風邪で鼻血が出る症状は大丈夫?

スポンサーリンク

大人が風邪になったとき、鼻血の症状が出ることがあります。実際に鼻血は止まらなくなるものなのですが、どうしてこのときに鼻血の症状が出やすくなるのでしょう。

 

【大人の風邪で鼻血の症状が出る理由】
大人が風邪をひくと、鼻の粘膜はウイルスを排出する必要があって、そのための鼻水を大量に出します。そのとき、鼻腔内部の毛細血管が広がります。それによって粘膜に炎症を起こす可能性があるのです。そうなったら鼻をこすることにより、弱い刺激でも鼻血の症状が出る可能性があるわけです。そして、風邪をひいたときには鼻水や鼻づまりの症状が出やすくなるわけですが、粘膜に負担がかかり、鼻血が出ることもあるわけですから、むやみに鼻をかまないようにすることが大事です。

 

【間違えることがある鼻血の症状】
大人の風邪だから鼻血の症状が出るとは限らない部分もあります。例えば、アレルギー性鼻炎だったりする可能性もありますし、副鼻腔炎と呼ばれるものなのかもしれません。または糖尿病である可能性があるのです。あるいは、白血病の可能性も考えられます。

スポンサーリンク

 

【大人が風邪をひいて鼻から血が出たら】
これによって、鼻の粘膜が炎症を起こしていることから、鼻から血がちょっとしたことでも出やすくなるのです。そういうわけですから、仕方ないことと思って問題ないでしょうし、風邪が治ることによって、鼻血の症状も緩和することでしょう。大人の風邪によって鼻から血が出たら、顔を少し下に向けて座り、指で鼻の両側をつまんで5分から10分ほど安静にすることによって出血が治まるでしょう。もしも鼻から血の症状がどうしても止まらないとしたら、出来るだけ早く医療機関に行ったほうが良いでしょう。

 

大人の風邪というのは、年齢によっては治りにくいこともありますから、出来ることなら病院に行った方が良いかもしれません。鼻からの血に関してもそこまで心配することはありませんが、どうしても鼻からの血が止まらないという場合には、出来るだけ早く医療機関を利用するようにしましょう。

スポンサーリンク