MENU

鼻血が止まらない時は病院は何科にかかればいいの?

スポンサーリンク

仕事をしていた時や通勤中、寝る前、お風呂に入っている時に急に鼻血が出てしまい、時間を置いても鼻血が止まらないと言う時には、本当に焦ってしまうと思います。病院に行きたくてもどの病院の何科に行ったらよいかわからない方も多く、いざ鼻血が止まらなくなった時には、パニックになってしまう方も大勢います。そこでこちらでは、鼻血が止まらない時は病院は何科にかかればいいのかについての情報をご紹介します。

 

【子供の鼻血と大人の鼻血】
大人と子供の鼻血は何科にかかるのかを考える前に、そもそもの原因が異なるケースがある事を理解する必要があります。まだ小さな頃はしょっちゅう鼻血を出してしまう事があったかもしれませんが、思春期くらいになると鼻血を頻繁に出すと言う事はなくなります。そもそも子供の頃は、鼻の中の粘膜が弱いのが原因で鼻血を出すのに対して、大きくなって鼻の中の粘膜が正常になった場合に鼻血を頻繁にだすのは考えにくく、重大な病気の可能性もありますので、鼻血が頻繁に出たり、鼻血が長い時間かけてもなかなか止まらないような場合には、必ず病院に行くようにしてください。

 

【鼻血が止まらない原因とは】
鼻血が止まらない原因は、疲れやストレスという場合と、病気の場合があり、何科にかかるのかも変わってきます。鼻血が止まらない原因として挙げられるのが、白血病、血友病、高血圧、突発性血小板減少性紫斑病、副鼻腔がん、肝機能障害、動脈硬化などが挙げられます。特に鼻をぶつけたり、触ったりしていない状態で鼻血が出てしまった場合には要注意です。

スポンサーリンク

 

【鼻血が止まらない時は病院は何科にかかればいいのか】
鼻血が止まらない時は病院は何科にかかればいいのかというと、色々な症状がありますが、基本的には大きな大学病院などに行き、耳鼻咽喉科で診察をしてもらうのがベストです。もちろん内科や小児科などでも対応してくれる所はありますが、精密検査が必要な場合もありますので耳鼻咽喉科がベストです。

 

急に鼻血が止まらなくなってしまった場合には、何科にかかったらよいかなど、本当に焦ってしまうと思います。冷やすなどうしても改善されない場合や大量に鼻血が出ている場合は救急車を呼ぶようにしてください。

スポンサーリンク