MENU

鼻血や嘔吐などを引き起こす原因となる病気

スポンサーリンク

普通に生活している時に、急に鼻血がでたり気持ち悪くなって嘔吐してしまうのは、いったいどのような病気が原因なのでしょうか。会社や人間関係などのストレスが原因と言われる事があったり、睡眠不足と言われて休日に眠ると症状が回復する時もありますが、またしばらくたつと鼻血や嘔吐をしてしまい困っている方がいらっしゃいます。そこでこちらでは、鼻血や嘔吐する際に原因となる病気についての情報をご紹介します。

 

【ストレスなどが原因の場合】
ストレスなどが原因の場合には、自律神経の乱れを注意してください。自律神経の乱れると自律神経失調症という病気になり、鼻血や嘔吐、頭痛、めまいなどの症状が現れ、倦怠感や手足がしびれたり、不眠などの症状が現れる病気です。精神安定剤を飲んだり、ストレスの原因を解決する事が、病気の症状を改善してくれます。

 

【白血病の可能性も】
嘔吐や鼻血がでる病気の中でも恐ろしいのが白血病です。しかし、白血病の可能性がかなり低いにで、鼻血と嘔吐だけで早合点するのは危険です。白血病の症状としましては、風邪に似たような症状であったり、顔が青白く貧血のようになったり、鼻血だけでなく歯茎から血がでるような場合には、可能性がありますので検査が必要になります。

スポンサーリンク

 

【症状が長く続く場合には】
鼻血や嘔吐の症状が長く続く場合には、早目に病院へ行って、診察をしてもらうようにしてください。ほとんどの場合には、直ぐに改善するのですが、まれに白血病など集中的な治療が必要な物もありますので注意してください。

 

症状によって様々な病気が考えられますが、確実なのは総合病院へ行き、しっかりと検査をしてもらう事です。耳鼻咽喉科のある大き目の大学病院などで診察を受ければ、検査をし症状に合わせた科で治療を受ける事ができます。もっとも注意しなければいけないのが、大丈夫だろうと個人で勝手に判断してしまい、治療のタイミングを遅らせて、症状を悪化させてしまう事です。

スポンサーリンク