MENU

毎日片方の鼻から鼻血が出る症状の原因

スポンサーリンク

毎日のように片方の鼻の穴から鼻血が出るような症状で困っている方は、もしかしたら早目に病院へ行き、しっかりとした検査をした方が良い病気が原因になっているかも知れません。頻繁で無かったり、両方から出るような症状の場合には、それほど心配がないかも知れませんが、毎日のような短いサイクルで片方の鼻の穴からしか鼻血が出ないような症状の場合には、深刻な病気の可能性がありますので、原因を追究する必要があります。

 

【毎日のように片方の鼻から鼻血が出る症状の原因】
毎日片方の鼻から鼻血が出る原因として注意しなければいけないのが、鼻の内部に悪性腫瘍です。鼻の内部に悪性腫瘍があると、鼻をかんだりしたタイミングで出血してしまう可能性があります。花粉の季節などに頻繁に鼻をかんでいたりする場合には、鼻水などと混じっているので単なる鼻血と勘違いしてしまうのですが、鼻の内部に悪性腫瘍が原因の可能性がある事を十分に理解する必要があります。特に、鼻の内部に悪性腫瘍が出来る場合には、両方の鼻の穴に同時には出来ず、片方の鼻の穴にできるようになっておりますので、毎日のように同じ方からしか出血しないような場合には、わかりやすいと言えます。

スポンサーリンク

 

【悪性腫瘍の病気の名前】
毎日のように片方の鼻の穴から鼻血が出るような症状の場合には、鼻の内部に悪性腫瘍が出来ている事が原因の可能性があります。この悪性腫瘍の正式な病気の名前は、上顎洞癌と言う病気になります。上顎洞癌と言う病気は、口の奥にある上顎洞に悪性のガンが出来てしまう病気で非常に危険な病気になります。片方の鼻から鼻血が頻繁に出るような症状の他に、目が疲れやすい症状が出たり、歯が痛いような症状が現れる場合もあります。ガン細胞は放っておくとそれだけ転移する可能性が高くなりますので、早目に診察する必要があります。

 

毎日のように決まって、片方の鼻の穴から出血しているような症状の場合には、悪性腫瘍が原因の可能性がありますのでなるべく早く病院へ行き、しっかりと検査をし、原因を突き止めてもらうように心がけてください。

スポンサーリンク