MENU

鼻血と貧血の症状の関連性と病気の原因

スポンサーリンク

鼻血が出やすい方は貧血の症状になりやすいと言われております。また、逆に貧血の症状になりやすい方は、鼻血が出やすいとも言われております。鼻血と貧血の症状が頻繁に出る方は、もしかしたら深刻な病気かも知れません。ここでは、鼻血と貧血の症状が出た時の対処法と原因となる病気についての情報をご紹介します。

 

【貧血の症状と鼻血の関係性】
貧血は血液が少なくなると出やすい病気なのですが、主な原因の一つにストレスや睡眠不足があります。血が少なくなってしまうと、その分、血管の再生機能にも影響がでてしまい、特に毛細血管が多い鼻の中は、毛細血管が破れやすくなってしまいますので、鼻血が出やすくなってしまいます。血が少ない状況で鼻から血が出てしまうのですから、更に症状を悪化させてしまいます。

スポンサーリンク

 

【病気との関連性】
鼻血も貧血も深刻な病気との関連性を否定する事はできません。その為、あまりに頻繁に出てしまうような場合には、注意が必要になります。特に両方の症状が同時に起こっているような場合には、深刻な病気の可能性もありますので病院へ行き、検査をしてもらうようにしてください。鼻血と貧血の症状が同時に起きているような場合に、最初に疑わなければいけない病気は、「再生不良型貧血」です。血液細胞の核となる細胞が、様々な要因で減少してしまい、血液を構成する各種血球が欠乏する難病です。同種骨髄移植によって対処したり、免疫抑制療法などによって、造血機能を妨害する免疫細胞の働きを抑えながら、機能回復を図る治療方法が必要になります。早期発見が重要になります。

 

鼻から血がでた場合には、先ずは落ち着いて鼻を冷やし、血液が出る量を抑制します。その後、脱脂綿などで出血部分を抑え止血をします。濡らしたタオルなどで前頭部やうなじなどを冷やすのも効果的になります。まずは安静にして、心臓の鼓動を抑えるように注意しながら血が止まるのをじっくりと待つようにするのがポイントになります。

スポンサーリンク