MENU

鼻血で貧血が起きた時の対処方法

スポンサーリンク

貧血と鼻血は一見関係がないと思われる方も多いと思いますが、実は密接な関係があります。その為、貧血と鼻血の両方を頻繁に起こしてしまうような場合には、しっかりとした対処方法を学んでおく必要があります。

 

【鼻血と貧血の関係性】
貧血は血が足りなくなった時に起こる症状です。鼻血が血のでる量が少ないと思われがちですが、鼻血は意外に出血する量が多くなっております。特に頻繁に鼻から血が出てしまう方の場合には、めまいや立ちくらみが起こりやすい状態が続いているので注意が必要になります。また、逆に貧血の方は鼻血が出やすい傾向があります。鼻の穴の中には細かい毛細血管が沢山ありますが、めまいや立ちくらみが起こりやすい状態が続いている場合には、この毛細血管の強度や著しく弱くなっております。その為、小さな衝撃でも血が出やすくなっているのです。

 

【鼻血で貧血が起きた時の対処方法】
鼻血で貧血が起きた時の対応としては、先ずは鼻を冷やしたり、ガーゼなどを鼻に入れ、血が止まるのを待ちます。横になり、安静にする事で血が止まりやすくなるのですが、心臓よりも鼻を低くしてしまうと血が止まりにくくなりますので注意してください。

スポンサーリンク

 

【対処方法として正しいのは】
対処方法として正しいのは、貧血を治す事です。直ぐに治るものではありませんので即効性には欠ける対処方法にはなりますが、その場限りではない対処方法ですので非常に有効です。鉄分を多く含んでいる牛肉やレバー、シジミ、アサリなどを意識して食べたり、睡眠不足を解消するなどの対処方法によって、症状が出るのを抑える事ができます。また、仕事や人間関係のストレスが原因で症状が現れてしまう方もいらっしゃいます。運動をしたり休日に読書やスポーツなどをしてストレスを溜めないようにするのも効果的な対応になります。

 

大人になっても頻繁に鼻血や貧血が起こってしまうような場合には、先々を考えた対処方法を実践するのが重要になります。まずは食生活など生活習慣を変えるような対処方法から初めてください。

スポンサーリンク