MENU

頻繁に出る鼻血は病気の前兆?

スポンサーリンク

鼻血は小さなお子様なら鼻の粘膜であったり、毛細血管の強度が弱いので頻繁に出るのも当たり前ですが、大人になってから鼻血が頻繁に出るような場合には、何らかの病気の前兆の可能性があります。特に重い病気の場合には注意が早期治療が必須になります。そこでこちらでは鼻血が前兆の病気についての情報をご紹介します。

 

【大量出血は高血圧や動脈硬化かも】
大量出血は高血圧や動脈硬化の前兆の可能性があります。高血圧や動脈硬化になると毛細血管の強度が弱くなり鼻から血が出やすくなってしまいます。その為、出血する部位が小さくても中々血が止まってくれません。その為、普通の鼻血よりも多くの血が出てしまいます。一般的な鼻血よりも大量に出てしまうような場合には、高血圧や動脈硬化の前兆の可能性があります。

 

【糖尿病の可能性も】
鼻血は糖尿病の前兆の可能性もあります。この病気になると、血糖値の上昇が続いて血管障害が出る可能性があり、鼻から血が出やすくなってしまうのです。頻繁に鼻から血が出るような場合には、糖尿病の前兆の可能性があります。

スポンサーリンク

 

【白血病かも】
鼻血をはじめ、血が止まりにくいという場合には、白血病の前兆かも知れません。血液のがんとも呼ばれている白血病は、血小板が不足し、血管を修復する力が不足してしまいますので、出血しやすくなったり出血が止まりにくくなる為、鼻から血が出やすくなってしまうのです。その為、鼻から血が出やすかったり、泊まりにくいと言った場合には、白血病かも知れません。

 

【鼻血は様々な病気の前兆】
鼻血は血管などに関連する病気の前兆である可能性があります。関連する病気の数はかなりありますので、検査を行い治療する事が必要になります。

 

鼻から血が頻繁にでるような場合には、何らかの病気が潜んでいる可能性があります。中にはガンなどの重大な病気の可能性がありますので軽視する事はできません。仮に取り越し苦労であったとしても、安心する為に病院での検査は必要になります。

スポンサーリンク