MENU

鼻血で大量の血が出たり血の塊が出る原因

スポンサーリンク

子供の頃には鼻血を出していた方も、成長するにつれて鼻から血がでるのは稀になります。その分、鼻血が出た時には焦ってしまってしっかりとした対応が出来なくなってしまう方もいらっしゃると思います。特に大量の死が出たり、血の塊などが出た場合にはパニックになってしまう場合もありますので、常日頃から鼻血の原因などの知識を持つ事が重要になります。

 

【鼻から血の塊が出る理由】
鼻血などで鼻から血の塊は正式には血餅と言います。この血の塊がなぜ出てくるのかというと、血液の凝固作用によって鼻血が固まった物になります。その為、血の塊自体は悪性の病気ではありません。鼻から血が出た時にその血を止めようとしている大事な物になるからです。

 

【鼻血が大量に出る原因】
鼻血が大量に出る時には、血の塊が出来やすくなります。血が止まりにくい場合には、鼻の中の毛細血管がもろくなっている可能性があり、糖尿病であったり、動脈硬化、高血圧などが原因の可能性があるので注意が必要になります。また、心臓疾患や白血病など直接的に命に係わる病気の可能性もありますので、血の塊が出来得るような大量の血が出てしまっているような場合には、注意が必要になります。

スポンサーリンク

 

【大量の血がでて血の塊が出る場合には】
大量の血がでてレバー上の血が出る場合には、なるべく早く病院で検査を受ける必要があります。血の塊自体は悪性ではありませんが、血が大量に出るのが恐ろしい病気の前兆の可能性が高くなっているからです。原因がはっきりするまでは安心できないという方も多いと思います。白血病などの深刻な病気が原因の可能性もありますので、何度も大量の血がでるような場合には、早目に検査に行くようにしてください。

 

検査に行く場合には、大学病院などにある耳鼻咽喉科で診察を受けるようにしてください。原因が複数ありますので、原因によっては内科など他の科に移動する可能性があります。その為、同じ病院内で移動する事が可能な大学病院などでの検査がおすすめです。

スポンサーリンク