MENU

鼻血が出た時の正しい処置と対処方法

スポンサーリンク

急に出てくる鼻血にはとても苦労させられていると思います。ご自宅でしたら対応する事も可能だと思いますが、会社や出先などで急に鼻血が出てしまった場合には焦ってしまうと思います。そこでこちらのページでは、急な鼻血が出てしまった時の正しい処置と対処方法についての情報をご紹介します。

 

【鼻血の正しい処置と対処方法】
鼻から血が出てしまった場合には、正しい処置と対処方法を行う事によって、早期に血を止める事ができます。キーゼルバッハ部位からの出血の場合には、片方の手で鼻の両側を優しくつまみます。その状態のまま10分間ほど圧迫し続けてください。力加減を調整しながらしっかりと圧迫するのが正しい処置と対処方法になります。鼻を圧迫している10分間は、絶対に手を離さないようにしてください。

 

【血が止まるまでの正しい処置と対処方法】
鼻を圧迫しているので喉を通して口などから血が出てくるケースもありますが、飲み込んでしまうと気分が悪くなってしまいます。そのため、血を飲み込まないように顔を下に向けた状態でしゃがんで腰かけるようにしてください。その際に洗面器やなければタオル、ティッシュなどで喉からでた血を飲み込まないように吐き出すのが正しい処置と対処方法になります。あえて横にならずに座っていると言うのは、心臓よりも鼻を高くする事で血のめぐりを悪くする目的があるからです。

スポンサーリンク

 

【間違った処置と対処方法】
鼻血が出たときに良いとされている手刀を作り後頭部や首をトントンとたたいたり、あおむけにねるような処置と対処方法は、効き目が無い所か、帰って鼻血を出してしまう事にも繋がります。特に横になると心臓よりも鼻が低くなりますので出血量が増えてしまう可能性があります。

 

正しい処置と対処方法をする事によって、鼻血を止める事ができますが、頻繁に鼻血が出るような場合には、何らかの病気である可能性があります。重大な病気の可能性もありますので、頻繁に鼻血が出てしまうような場合には、病院で検査をする事をおすすめします。

スポンサーリンク